能美BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

講座のご案内

北陸新幹線開業記念「金沢に花開いたもう一つの武家文化―能楽―」
講座のご案内

◆記念講座 「「パリを魅了した”KANAZAWA”―加賀百万石美意識、再発見の旅―」
講 師:末吉守人
(パリ展展示企画コミッショナー・能登島ガラス美術館館長・元石川県立美術館学芸主幹)
日 時:3月28日(土)

◆連続講座 <能を学ぶ集中講座 Etuhier le no―金沢版―>
パリ日本文化会館の人気講座が登場!
①3月7日(土)「日本とフランス ―文化は海を渡る 浮世絵、ポップカルチャー、能―」②3月14日(土)「加賀百万石の文化と能 ―金沢に花開いたもう一つの武家文化―」
③4月5日(日)「能の思想と音楽 ―現代人が、今、必要としているもの―」
講 師:河原清(パリ日本文化会館客員教授・金沢大学国際文化資源学研究センター客員教授・幸流小鼓職分)
コーディネーター:山内麻衣子(当館学芸員・パリ展能楽展示担当)

◆連続講座 「能楽ことはじめ―加賀宝生の歴史と魅力―」
講師:西村聡(金沢大学教授)
第一回:4月4日(土)
 能楽研究のエキスパートが、能楽の基礎知識からその魅力までを多彩な切り口でご紹介!これから能を学びたい方、必聴!

◆観能の夕べプレ講座
石川県立能楽堂にて上演の能「西王母」を、気鋭の若手能楽師が分かりやすく解説します。
講師:佐野弘宜(宝生流能楽師シテ方)
日程:3月20日(金)

◆ナイトミュージアム  参加無料 20:00まで特別開館
3月14日(土)・15日(日) stage1:18:30~  stage2:19:15~
能管の演奏:室石和夫(森田流笛方 金沢能楽会)

◆写謡の会 ※要申込み
静かな時の中、美しい日本語でつづられた能の謡を書き写し、身心を浄化させてみませんか!当日の午後に石川県立能楽堂にて催される定例能の演目を、宝生流謡本の流麗な文字をなぞって書写します。能楽師の解説と、ミニレッスンも行います。
参加料:1回¥500+観覧料
持ち物:筆ペン(または筆・墨・硯など)
        時 間:10:15~11:15
日程 曲目 ゲスト講師(宝生流能楽師シテ方)
3月1日(日) 橋弁慶・西行桜 藪克徳
4月5日(日) 老松・邯鄲 渡邊茂人
5月3日(日) 志賀・玉葛 髙橋憲正

◆和楽器体験 毎週火曜日 10:00~17:00 ※体験時間20分程度 
     会 場:3階研修室
体験料:無料(要観覧料)
日 程:3月3日・10日・17日・24日・31日
4月7日・14日・21日・28日・5月5日

スポンサーサイト

PageTop

平成27年度 初級「能面打ち講座」 ~小面を彫る~ 受講生募集

平成27年度 初級「能面打ち講座」
~小面を彫る~ 受講生募集
もう春も間近。新しいことを始めてみませんか?
約半年で本格的な能面作りが学べます。
初めての方も講師が親切丁寧に指導しますので、ご安心ください。
男女問わず、様々な世代の方に受講いただいております。


◆日 程 平成27年4月12日(日) ~9月13日(日)
毎週日曜日 午後1時~5時 〈5/3、7/19、8/16は休講です〉
◆場所 金沢能楽美術館 3階研修室
◆対象 初心者~初級程度(定員20名)
◆内容 能面「小面(こおもて)」を檜の角材からじっくりと制作します。
◆受講料 月額6,500円
※ この他に型紙代、のみ・彫刻刀代、檜代などが必要です。
   詳しくは金沢能楽美術館へお問合わせください。
◆募集期間 平成27年3月3日(火) ~ 3月17日(火)〈必着〉
◆申込方法 往復ハガキに住所・氏名・電話番号を明記の上、3月17日(火)必着で
『金沢能楽美術館 能面打ち講座係』宛にお申込ください。
※ 応募者多数の場合は抽選となります。 
※ 受講通知は3月27日(金)頃までに送付します。

◆お申込・お問合わせ先
 金沢能楽美術館
 
住所 〒920-0962 
金沢市広坂1丁目2番25号
 電 話 076-220-2790
 FAX 076-220-2791


H27面打ち講座受講生募集チラシ

PageTop

石川さんご来館の様子が放送されます。

石川さん能楽美術館への旅日記放送日が18日日曜日21時54分~と決まりましたのでご報告します。

☆石川さんに立ち寄ってほしい場所を募集していてHPの応募フォームより受け付けているそうです。


詳しくはこちら http://www.ishikawa-tv.com/program/tabinikki/

PageTop

150年ぶり御松囃子復活

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
年始の特別開館をしております金沢能楽美術館では、150年ぶりの御松囃子の上演が行われました。
 新春にふさわしい、すばらしい舞、謡、囃子をありがとうございました。
またお力添えいただいた皆様、ご来館いただいた皆様にお礼申し上げます。
6

PageTop

お正月特別イベントのお知らせ

DSC_1163.jpg
DSC_1050.jpg
お正月特別イベント画像
お正月特別開館イベント

金沢能楽美術館では1月2日・3日と特別無料開館し、
お正月特別イベントを開催します。
お正月におめでたい気分を味わいませんか。

●1月2日(金) 「御松囃子」

御松囃子(おまつばやし)とは松の内に行うお囃子の意味で、室町時代から
新年を祝う儀式として幕府や宮中、大名家、寺社などで行われていました。
江戸時代には幕府が正月3日の夜に行う謡(うたい)初(ぞ)めをさすようになりました。
加賀藩でも正月2日の夜に行われていましたが、1863年(文久3年)に
廃止されました。
このたび金沢能楽会の協力により、150年ぶりに復活いたします。
【演 目】 『四海波(しかいなみ)』、『高砂(たかさご)』、『松(まつ)高(たか)き』、『東北(とうぼく)』『猩々(しょうじょう)』他
【開催時間】 12:30~14:00(開場12:10)
【開催場所】金沢能楽美術館 3階 研修室
【入 場 料】無料
【申 込 み】不要※入場希望者多数の場合には先着順となります。



●1月3日(土) 「新春狂言」

初笑いは狂言で!
【演   目】『見物(けんぶつ)左(ざ)衛門(えもん)』など
【開催時間】11:00~12:00※開場は10:30です。
【開催場所】金沢能楽美術館 3階 研修室
【入 場 料】無料
【申 込 み】不要※入場希望者多数の場合には先着順になります。

<お問い合わせ先>
金沢能楽美術館
〒920-0962 金沢市広坂1丁目2番25号
(電話)076-220-2790

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。