FC2ブログ
 

能美BLOG

講座 世阿弥の「風姿花伝」を読む その3

大好評をいただいております講座「世阿弥の『風姿花伝』を読む」が、
早くも3回目をむかえました。おかげさまで今回も満席のご参加をいただきました!
ありがとうございました。

”時(とき)の間(ま)にも、男時(をどき)・女時(めどき)とてあるべし”
能楽美術館1階の壁に書かれ、さりげなく佇んでいた世阿弥のこの一文が、
講座を聴いてのち、急に大きく浮き出して見える気がしました。
今回は、この言葉を含んだ「花伝第七 別紙口伝」が題材でした。
テーマは、「因果の花を知る事」。能役者として花を咲かせるための方法を知る事、
原因があって結果が生まれるという道理を知る事が、申楽の極意であると説いています。

さて、男時とは、運が向いている時、そして女時とは逆についていない時のこと。
男時には積極的な行動をし、女時には守り、保守の姿勢を貫く。
こうして、時分にも因果があること教え、その時の機運を見極め、
逆らわないことを説いています。
その他、稽古の因果、勝負の座敷の因果と、3つの因果について述べられていました。

これらの因果について、講師の館長がおっしゃるには、現代のスポーツにも相通ずるということ。600年前の能の世界の思想が、現代においては、スポーツに適合できるなんて、不思議な感覚を覚えました。
ふと、なぜスポーツなんだろうと疑問がよぎりました。それは、今回の風姿花伝の一節は、能の立ち合い勝負についての心得を説いているものだそうです。
世阿弥の時代は、それぞれの四座(観世、宝生、金春、金剛)が、お互いの能を競い合う形で
舞台を開いていたのだそうです。
能と勝負のイメージがなぜか結びつきにくい私でございました。
知らないことを知るって、本当に愉しいことですね。

また、世阿弥は、様々なことわざや仏教用語を数多く引用しています。その言葉たちが、
時を越えても惹きつけるひとつの偉大な力となっているのでしょうか。
世阿弥は、優れた能役者であり、また文才にも秀でたプロデューサーだったんですね。

次回は来年1月15日になります。次回もご参加お待ちいたしております。

その1 平成23年9月23日(金・祝)(終了)
その2 平成23年10月30日(日)(終了)
その3 平成23年11月20日(日)(終了)
その4 平成24年1月15日(日) 13:00~14:00
その5 平成24年2月12日(日) 13:00~14:00
その6 平成24年3月11日(日) 13:00~14:00


参加費:当館の入館料(一般:300円、65歳以上:200円、高校生以下:無料)

出席回数3回で当館オリジナルのポストカードを1枚、
6回で一筆箋をプレゼントさせていただきます!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)