FC2ブログ
 

能美BLOG

講座 世阿弥の「風姿花伝」を読む

先月23日、能楽美術館5周年記念事業のひとつとして、「世阿弥の『風姿花伝』を読む その1」 が開催されました。講師は当館の藤島秀隆館長、その1と題しているのは、翌年3月まで全6回を予定しているためです。

金沢能楽美術館に一度でもご来館いただいた方はお気付きになられたかと思いますが、当館1階壁面に「能楽・ことばの花」と銘打って、能楽の神髄・精神をあらわした名言・名句を数多く記してあります。
この講座は、これら「風姿花伝」や「花鏡」といった世阿弥の秘伝書から選定したことばを中心に、該当部分の前後をふくめて原典から取りあげ読みすすめてゆくものです。(資料はもちろん現代語対訳つきです)
当時の時代背景についての解説もあり、また、普遍性のあることばゆえ、今日の社会においてどのような形で見られるのかといった視点からもお話があります。
第一回となったこの日は、世阿弥についてのさまざまな参考文献についても紹介、お話がありました。


「初心忘るべからず」という句はについては、世阿弥の秘伝書に散見されることばですが、そこでは現在の国語事典にのっている「何事も始めた頃の謙虚で真剣な気持ちを持ち続けていかねばならない」といった意味に限定しない使われ方をしていたことがわかりました。
  是非の初心を忘るべからず
  時々の初心を忘るべからず
  老後の初心を忘るべからず
というように「初心忘るべからず」には年齢に応じた3箇条があるとのこと。
そのほか、「命には終りあり、能には果てあるべからず」、「秘すれば花なり、秘せずは花なるべからず」などが取りあげられ、深みのある言葉に思いを馳せながら時間はあっという間に過ぎてゆきました。

次回からも、このような名言名句を取りあげてゆきます。
是非、お気軽にお話を聞きにおいでください。

次回は10月30日(日) 午後1時~2時 能楽美術館3階 研修室にて開催となります。

参加費は無料ですが、入館には観覧料を頂戴しております。
(大人:300円、65歳以上:200円、高校生以下:無料)

出席回数により記念品も贈呈される予定です。

その1 平成23年9月23日(金・祝) 13:00~14:00 (終了)
その2 平成23年10月30日(日) 13:00~14:00
その3 平成23年11月20日(日) 13:00~14:00
その4 平成24年1月15日(日) 13:00~14:00
その5 平成24年2月12日(日) 13:00~14:00
その6 平成24年3月11日(日) 13:00~14:00

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)